運動器リハビリテーションの機能評価 II

著=David J. Magee/監訳=陶山哲夫(埼玉医科大学総合医療センターリハビリテーション科教授)
A4判/518頁/原著第4版
ISBN
9784860348533
発売日
2006年12月20日

Ⅱ巻目次

9章 腰 椎
応用解剖
現病歴
観 察
検 査
自動運動
他動運動
抵抗を加えた等尺性運動
末梢関節の探索的検査
筋髄節
機能評価
特殊検査
反射と皮膚知覚神経分布
ジョイントプレイ(関節の遊び)
触 診
画像診断
腰椎評価のまとめ
症例検討
10章 骨 盤
応用解剖
現病歴
観 察
検 査
自動運動
他動運動
抵抗を加えた等尺性運動
機能評価
特殊検査
反射と皮膚知覚神経分布
ジョイントプレイ(関節の遊び)
触 診
画像診断
骨盤評価のまとめ
症例検討
11章 股関節
応用解剖
現病歴
観 察
検 査
自動運動
他動運動
抵抗を加えた等尺性運動
機能評価
特殊検査
反射と皮膚知覚神経分布
ジョイントプレイ(関節の遊び)
触 診
画像診断
股関節評価のまとめ
症例検討
12章 膝関節
応用解剖
現病歴
観 察
検 査
自動運動
他動運動
抵抗を加えた等尺性運動
機能評価
靱帯による安定性
特殊検査
反射と皮膚知覚神経分布
ジョイントプレイ(関節の遊び)
触 診
画像診断
膝関節評価のまとめ
症例検討
13章 下腿,足関節,足部
応用解剖
後足部
中足部(横足根関節)
前足部
現病歴
観 察
検 査
自動運動
他動運動
抵抗を加えた等尺性運動
機能評価
特殊検査
反射と皮膚知覚神経分布
ジョイントプレイ(関節の遊び)
触 診
画像診断
下腿,足関節,足部評価のまとめ
症例検討
14章 歩行の評価
定 義
歩行周期
立脚相
遊脚相
両脚支持
単脚支持
歩行の正常指標
支持基底面
歩 幅
重複歩距離
側方骨盤偏位(骨盤傾斜)
垂直骨盤偏位
骨盤の回旋
重 心
正常歩行率
歩行の正常パターン
立脚相
遊脚相
正常歩行における関節の動き
全体像と現病歴
観 察

検 査
移動得点
代償機序
異常歩行
逃避性(疼痛性)歩行
関節原性歩行(股関節あるいは膝関節が硬い場合)
失調性歩行
拘縮性歩行
尖足歩行
大殿筋歩行
片麻痺歩行
パーキンソン病歩行
底屈歩行
腰筋跛行
大腿四頭筋歩行
はさみ足歩行
下肢短縮性歩行
鶏歩あるいは下垂足歩行 
15章 姿勢の評価
姿勢の発達
姿勢に影響を与える要因
姿勢異常の原因
一般的な脊椎変形
前 弯
後 弯
側 弯
現病歴
観 察
立 位
前方屈曲
座 位
仰臥位
腹臥位
検 査
姿勢の評価のまとめ
16章 切断の評価
切断のレベル
現病歴
観 察
検 査
切断術に関連した測定
自動運動
他動運動
抵抗を加えた等尺性運動
機能評価
知覚検査
心理学的検査
触 診
画像診断
切断の評価のまとめ
17章 スポーツ時の緊急評価
試合前の準備
初期評価
意識レベル
気道の確保
循環器系の確保
出血,水分の喪失,ショックの評価
瞳孔のチェック
脊髄損傷の評価
頭部外傷の評価(神経系の監視)
熱中症の評価
動きの評価
患者のポジショニング
外傷の重症度
二次評価
スポーツ時の緊急評価のまとめ
症例検討
18章 社会参加前の評価
評価の目的
検査の準備
社会参加前の病歴
検 査
眼の検査
筋骨格系の検査
神経学的検査と痙攣性疾患
心血管系の検査
肺の検査
泌尿生殖器の検査
胃腸系の検査
皮膚の検査
熱性疾患の検査
全身的な医学的問題
歯の検査
生化学検査
身体機能フィットネスのプロフィール
参加が許可されるべきか?

運動器疾患に対する基本理念と概念の記述、頭部・顔面・頚椎から足部に至る全身の機能解剖と病態像について詳細に解説。さらに歩行・姿勢・切断の評価、スポーツ時の緊急評価、最後に社会参加前の評価などについて、運動器リハビリテーションを推進するのに必要な事項も解説。神経筋骨格系の評価への系統的アプローチを医家、PT/OTをはじめとした運動器リハビリテーションに係わる全職種の方々に提供。

その他の情報
ISBN 9784860348533
Author Information 著=David J. Magee/監訳=陶山哲夫(埼玉医科大学総合医療センターリハビリテーション科教授)
発売日 20-12-2006
Book Info A4判/518頁/原著第4版